映画: ぱいんな 40代主婦~夫と二人暮らしほのぼの生活~

2018年11月22日

映画ボヘミアンラプソディ クイーン愛が止まらない!

ずっと前から楽しみにしていた映画
「ボヘミアン ラプソディ」が11月9日から始まりました。
観にいってまいりましたよ✨

私は、クイーンの大ファン❤
昔から悩めるときにクイーンの曲の数々にどれだけ助けられただろう。
年代が違うので、ファンになったのはボーカルのフレディマーキュリー
が亡くなった後。。。💧

リアルタイムの時代でファンでいたかった、、、
クイーンのデビューの頃は、私はまだまだ幼子でしたから
まあ、、かなわない夢なんですけれど。
同じ時代にフレディ・マーキュリーが地球上にいてくれた事だけでも、
ありがたい事だとしよう。

クイーンの曲は今でも数多くあちらこちらで流れます。
誰しも一度は耳にしたことのある曲ばかりだと思う。
「We Will Rockyou」や、
「We Are The Champions」なんかは、
サッカーの試合やスポーツ関連でよくかかってますし、
「I Was Born To Love You」はCMや
ドラマの主題歌(キムタクのドラマでプライド)で
クイーンを知らなくても曲は知っている方が多いかな。
口ずさむと、ああ!あのドラマのね!といわれる。
「Bohemian Rhapsody」は有名ですね。


クイーンとは、
ボーカルのフレディが亡くなってからも「伝説のバンド」として
永遠に語り継がれる唯一無二のバンド。

映画では、
何十年たっても色あせない、歌詞とメロディー、
世界中の人々の心を動かす曲の数々はどこからきたのか、
どうやってうまれたのか。
映画の中でひも解かれます。
人気絶頂の中でのフレディの愛と孤独、心の葛藤の中で生まれたという
事を知ると、なおいっそう曲のひとつひとつに普遍的な愛を
感じる事ができます。

歌詞に込められたメッセージは聞く人々の心に深く刻まれる。

映画のスタート、愛にすべてを(Somebody TO Love)
の曲のライブAIDの圧巻のシーンは、鳥肌ものです。
今から舞台に上がる、「その瞬間」
フレディの鼓動が感じられる。
素晴らしいシーンです
絶対に見逃がせない!
心が湧き上がるのを感じる。

そこからクイーンの誕生から全盛期までの物語が始まります。
おもに、フレディが中心の構成になっています。
音楽活動や非日常的なシーンが映像で知ることができます。
スキャンダラスな内容もありますが、
フレディの事がよくわかり、私はよかったと感じましたね。

そしてスタートから最後のシーン繋がる場面にも涙があふれる。

映画の内容は、ぜひ劇場へGO!

劇中の名曲は、主にフレディの歌声が使用されているいうのも、
ファンとしては最大の魅力です。
32曲も流れるんですよ!

世界中にファンがいて、にぎやかで華やかな世界の中心にいるにも
かかわらず、フレディの愛を求める叫び、さみしさや心の葛藤が、
歌声を通して感じられ、
観る・聴く側も感情移入し、自然と涙がこぼれます。

そして、再度クイーンのすごさを再認識する。


ファンでない方も今からでもクイーンの曲を聞いて好きになって
ほしいな~と思う。
フレディを演じたラミ・マレックさんの演技も見逃せません。
最後の方なんて、フレディか!と錯覚してしまうほどでした。

ファンの方はもちろん、そうでない方も、あまり知らない方、
CMでしか聞いたことがない方も映画館でぜひクイーンの音楽を
体感してほしいです!

それともうひとつ、
歌詞に込められた言葉は、悩める人を勇気づける何かがあります。
なにか感じられるかもしれない。
励まされるかもしれない。
メッセージとして受け取れるかもしれない。
それは、病と闘いながら唯一無二の存在として輝きつづけたフレディ
ならではの言葉の数々が、すばらしいのですから。


それから、ぜひ映画館で見るのがおすすめです
DVDでいいや~と思っている方!!
ダメですよ~
映画館で大音量、大迫力で、ぜひ!

クイーンの音楽を全身で感じられること間違いなし!
リズムの振動、歌声、一体感がすばらしい映画です。
その時代にタイムスリップしてファンでいられるような気分になります。


eiga.jpg


今日も読んでいただいてありがとうございました  ぱいんな


posted by ぱいんな at 20:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

ディズ二ー映画 プーと大人になった僕をみてきました♪ 

やっぱりどうしても見たくなって行ってきました。
今日は、先週に引き続き映画の事を書きたいと思います。

ディズニー映画 「プーと大人になった僕」 
クマのプーさんの実写版です

もう新聞やテレビの宣伝で、これは絶対みておかねばと!
あの大好きなクマのプーさんの実写版って!!ときめくなぁ~✨

映画館、日曜日の朝まだ9時30だというのに結構満員
そりゃ、毎週1位になっているだけあるよね
客層は女性が多かったですね。
こどもさんは、いない?大人向けだな

内容は詳しくはかけませんが、

大人になって仕事に撲殺された毎日を過ごす主人公の
クリストファーロビンは、家族もかえりみない姿になっていた。
大切なものを忘れた大人に。
そんなときに
おさないころ遊んだプーとその仲間たちとの再会
主人公は、、

はい、続きは劇場でぜひ見ていただきたい!!

悩みおおき現代人にぴったりの見どころが溢れていました。
特に、忙しくされている方にぴったりですよ。
私は、しょっぱなから涙があふれでて困ってしまいました。
周りは誰も泣いてないようでしたが💦
悩み多き私は、こんな時にどさくさにまぎれて涙する。。あ~あ。


プーと仲間たちの一つ一つ表情と、意味のある言葉の数々。
重圧とせっぱつまった、責任感を一度にしょいこんだ主人公。
主人公の気持ちも痛いほどわかるし、そうならざるをえない立場もわかる。
みんな誰しもそうだよなあ~と


幼い頃遊んだプーと仲間たちは、ずっと変わらない変わっていない。
昔だれしもが子供だった時の頃を思い出させてくれる
忘れかけていた大事なことを思い出させてくれます。

今あくせくじたばたしている私にも、プーさんは気づかせてくれたのかな?
とも感じました。

キーワードは「何もしない」笑
なんども、出てくるこの言葉を忘れないようにしなきゃ
すごく説得感があり、また「そうなんだ!」と気づかされます。

ファンタジーがいりまじった夢のような世界 さすがディズニーです。
実写版だけあって、パーフェクトな完成度。
ユアン マクレガーさんの演技もすばらしい。
ちょうど40代男性のいい味でてます。役もぴったりはまるんですよね~。

それから私は字幕でみたのですが、プーってああいう声なんだなと再確認!
仲間たちの声もすごく特徴があってそれも楽しめましたよ。

プーさんがくりひろげる素直な優しい世界で一緒に楽しめた🎵
ちょっぴり子供の心を取り戻せる、
心の曇り空がほんわりと晴れるような、そんな映画でした。
みなさんも、是非いかがですか😃


プーと大人になった僕 (字幕版)
プーと大人になった僕 (字幕版)
P_20181001_092838.jpg


こちらは、私が十数年大事にしているくまのぬいぐるみです↑

今日も読んでいただいてありがとうございました  ぱいんな


posted by ぱいんな at 20:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

キムタクとニノの映画 検察側の罪人みてきました

映画 (1).jpg

昨日、夫と映画に行ってきました。
夫婦どちらかが50歳を超えていると、二人とも割引価格でみられるようになる映画館です。
お得ですよね

夫は50になってしまったのでちょくちょく映画をみる私たちです。
夫婦二人の休日は、こういうゆるりした日もいいね。

私は、「プーと大人になった僕」をみたかったんですが、
今回は、夫の見たいものにしました。

少し前に、ニノの医療ドラマをみて演技がすごいな~と
私たち夫婦は絶賛してましたので、
今回はキムタクとニノがタッグを組んだ豪華な映画
「検察側の罪人」にしました♪

内容はあえて詳しくは書かないでおこうかな。
キムタクの役が、犯罪をおかしてまで、、という
冤罪や犯罪がテーマだからかなりヘビーです
ちょっとしんどい感じでしたね。
一瞬、怖いので思わず目をふさぎたくなりました。
(超こわがりの私です)
なかなか、、考えさせられる映画でした。

あとみてよかった所は、
ニノの演技がド迫力!!!すごいです。
一気に惹きこまれてしまいます。
声のトーンといい、表情といい最高です
すばらしいです!!
あと、松重豊のかなりいい演技されますね~
ファンになってしまいました。(笑)
気になったのが、、
キムタクのゴルゴラインはなぜできるの?
ゴルゴラインで渋さがよりいっそう✨
(すみません、、、そんなとこばかりみてました)

それから音楽の使い方も かなり懐かしい感じのラテン系の
曲が使用されていて、
なんとも言えない雰囲気が緊迫感とは逆で意標をつかれた
感じで、かえって斬新ささえ感じられます。
この映画にこれをあわせるなんておしゃれね~
うんうん❤
ずいぶん昔に香港映画 ウォン・カーウァイ監督の映画に
使用されていたのを思い出しました。

今回の映画を見て映画音楽のチョイスって重要だなと
改めて感じましたね。

ちなみにひとつ、あげると「パーフィディア」という曲 
もし、興味があれば聞いてみてくださいね

総合的には、楽しめましたよ
かなりハラハラしましたね
夫は豪華キャストの演技は俳優さんの演技が
見応えのあったねと話してました。
内容も好みのものだったようです。
私は、ニノの演技&音楽の使い方がよかったな~と。

夫と、ここがこうだった、ああだった、
あのシーン意味は、、とか語り合いながら家路につきました
見た後に、語り合える映画って二度楽しめますね。

また今後も映画のことをちょっと違う目線で書きたいと思います。
内容レビューじゃないけど(笑)

読んでいただいてありがとうございました ぱいんな


posted by ぱいんな at 20:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする