高齢問題で考える事: ぱいんな 40代主婦~夫と二人暮らしほのぼの生活~

2020年09月10日

親切がしんどいってなんだろう

あつかましい人は、本当にあきれるほど、こちらの想像を越えてくる。
(-_-;)

昨日書いた話の続き

どちらかというと私は、
人になにかを頼まないタイプ。
ひとりで解決しようとする(-_-;)
しんどいタイプだなと自分でも思う。

お願い上手、
頼み上手、
甘えたさんとか、たまにうらましいなぁーと思うことも。
でも、人に頼りすぎるのもどうなの?!と怒りにかわるときもある。
だいたい、こっちは頼まれる立場ばかりだから(-_-;)


最近のことといえば、、
頼まれすぎて、疲弊しつつある。
親切がしんどいってなんだろう。


たぶん、、無理してるのかなぁと。

周りが高齢化しているからという事もあるのだと思うんだけど。。。
これは、自然のながれだとはおもうし、だれしもがそうなるわけなので、仕方ない。

頼り頼られよね。

自分たちも年をとったら、、とおもうと、やはり人には親切にしなきゃなと思うわけだし。

問題なのが!
親切にしていい人と、親切にしてはいけない人がいるということ。
親切心を利用してやろう、という人がいるのはたしか(--#)
見極めが大切だ


それと、何事も「~しすぎ
が疲弊のもとなんだろうなと思う。
自分の出来る量が、わかっていつつも
やらないといけないことかか、次から次へとでてくるから。


とくに、高齢の方々で問題がおこりがちなこととは。
親世代でいうと。
親同士が元気とか、おたがいに助け合いが出来ているとか、親切する側が元気なうちはまだいいけれど、
だんだん皆、高齢化してくるとそのバランスか崩れてきて、依存する人はたよりっぱなし、頼られる方は頼られっぱなし。
その後、頼られているほうも体力的に無理が多くなってきて、、
果ては、子供を頼りにして引き続き親切の続きをするということ。
また相手も、それが当たり前になっているということ。
(ノД`)
これ、なに?!


友人の家も、そのループにどっぷりはまっていたらしい。
友人の夫である親御さんの買い物など、息子さんがクルマで一緒にいっていたらしいけれど、いつのまにかその親御さんのお友だち数人まで毎回一緒。
挙げ句の果てに、家まで送迎する事になりつつあったらしいけれど、、、
ご主人、仕事藻多忙になりまたストレスからか体力が限界になってしまったって(゚o゚;

コロナのこともあるし断りたいと、
どうにかこうにか親に説明して説得して、他人への親切のやりすぎを減らしているみたいです。
( ̄△ ̄)


その親御さんは、
いままで、やってきたことを急にやめたもんだから仲間への罪悪感なのか、
「ついでに、、また。コロナがおわったら、またね」なんてまだいってるらしいけど。

そのお友達も、当たり前のようになっていたから、かなりややこしかったって。
「息子さんのかわりにお嫁さんにたのんで」という話にまでなったらしい。


ややこしいーー!

ここまで、書いたけど、
結局!
~しすぎには注意!ということです。
簡単に安請け合いしない!
に限るね。
親切にしたらあつかましいことになる

板挟みになる関係のときは特に注意ですね。

わたしも、最近考えるのです(゚o゚;
自分にいちばん親切にしたい(笑)


今日よんでいただいてありがとうございました。

たおれた.jpg



posted by ぱいんな at 20:00| Comment(0) | 高齢問題で考える事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

高齢者は忘れるから

高齢になると、なにかといろんな事を忘れがちになる。
人それぞれ個人差はあると思うけれど。

それは、しょうがないことよね!

独居のおじやおばの家に行って、毎回感じている(-o-;)


何度言っても
初めて聞いた!みたいな顔をしたり、
こちらが、はぁ???と首を傾げてしまう事が多くなってきている。

ちょっと、こちらが注意したら、、
「一人暮らしだから、重要な情報が入ってこないのよね~」と、言い訳したり。
(-_-#)いやいや、、
テレビやラジオ大好き、新聞大好き。おなじ年くらいのご近所さんとの立ち話で情報満載でしょう?といいたくなる。

まぁ、おじやおばだけではない。
ご近所さんも、
えっ!てこちらが驚いてしまう事をされてたり。。。

コロナ禍、高齢者は気をつけないと重症化するといわれているのに、
もうそんな事もすっかり忘れているみたい。


高齢の危ない行動。
コロナうつるよ!といいたい!
混み合うスーパーの安売りの日にわざわざでかけたり、
人との距離を空けずにならんだり。
美容室でマスクをしていることが相手に失礼と考え、始終はずしていたとか。(-o-;)
お友達と、三密おしゃべり。
淋しいのと、おしゃべりしたいから、コロナは二の次?


そんなことしたら、コロナリスク危ないじゃない!といっても
忘れるみたい。
ニュースでいわれていることや、注意しなくてはいけないことも(^-^;


だから、何度も何度も懲りずに言いつづける?(゚o゚;しかないよね?


このお盆の期間、大体の番組はあちこちのお出かけ情報ばかりで、コロナはもうどこかへ去っていったの?って感じになる。
特に、夕方からの番組なんて、、、
(-_-#)バラエティーばかり。

お盆休みだから?せっかくの夏休みくらい?か、
コロナ情報は、あえて控え目にしているのか?



ちょっと 勘違いしてしまう人がふえてるかも~!(゚o゚;
もちろん、高齢者に限らずですけど。


ニュースや、情報番組も、
何度も注意喚起する情報を流してもらいたいものです。

ニュースをみない人向けに、バラエティー番組やお笑い番組、ドラマの合間に、テロップをだすとか、、、
してもらいたいなぁ。
(・_・;)
むずかしいのかなぁ。


特に、高齢者向けに
何度もいってもらいたいなぁ。。。
熱中症の危険性とか。


怖がらす内容ではなく、注意ぐらいの事でいいんだけど!
(-_-;)



重症者がふえつつあるから、、、(>_< )
色々思う。


今日も読んでいただいてありがとうございました。

しょんぼり.jpg

posted by ぱいんな at 20:00| Comment(0) | 高齢問題で考える事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

暇だからって

ちょっと困ったことが続いている。
というのも今年ののお盆は、コロナで実家に帰省しない子供世帯が多いので、さみしいのと、ヒマを持て余してきるのか、
たぶん誰かとしゃべりたいという事なんだろうなと思われる高齢の方からもたらされる問題。


前もあったんですけど、、、(・_・;
緊急事態の時とか、GWの時とか。
それ以前、コロナ前にも。
確か、以前もそんな内容の話を書いたことがある。


身内に会えないという事からくる問題!

めちゃくちゃ多くなってきた!!!


なにがというと、、、


ご近所さんの待ち伏せ!?
暇だからって!


誰をって?



私よ!ヽ(゚Д゚)ノ


話し相手よ!



私が買い物行きそうな時間とか、かえって来そうな時間に玄関先でウロウロされている!!



はじめは、たまたまかなぁ~なんて
思ってた訳なんですが、
そうでもないみたいでした。(-o-;)



愛想良く挨拶するからだろうと思う。
話しやすいんだろう、、、。
(^-^;


今までは、忙しい時はさっさと家に入っていたのですけど、、
今回のお盆休みの期間はというと、緊急事態から半年、、余程寂しかったのだろうか、、、
なんと!外から帰ってきて家に入ろうとする私を、大声で呼びとめて、飛んでこられて話されるのですーーー
ヽ(゚Д゚)ノうわぁ


今いそがしいんです、と伝えても
明日は?明後日は?
ちょっとおしゃべりしにきなさいよ!と言われる。(-o-;)
きたらいい!
きなさいよ!
なんで命令型なのか(笑)(゚o゚;

ええっ?
おしゃべりしに、私がそのお宅にお邪魔するの???
それは困る。


コロナのことも気になるし、おしゃべり控えたほうかいいよねとも思うし。
ましてや、うつされた!なんていわれたら困るよなぁ。


よほどおしゃべりがしたいのか、、
平気なのね。


いつも話の始めに、
コロナだから孫たちが帰ってこなくて寂しい。といわれる。。。。
(-o-;)


孫や子どもの変わりに、私?としゃべるんですか。

いいんだけど、いや、よくない。
なんだかなぁ、、、(゚o゚;


あと他に、近所に住む娘は冷たいから、数ヶ月に一回しか来てくれない。
とおっしゃる方とか。。。
なぜか、私を娘代わり?に弾丸のようにしゃべってこられる。


うーーーん(-o-;)
ソリャ、寂しい気持ちもわかるんだけど。


話し相手といえど、、、
もうメンタル介護の範疇?!(゚o゚;
傾聴ボランティアか?



 
私はとっても忙しいんだけれど、そうみえないらしいから、こられるんだろうけど(-_-#)


おしゃべり付き合う時間は、ないのよ~。゚(゚´Д`゚)゚。
おしゃべりは、自分の身内でいっぱいいっぱいなのよ~!


他人の身内の替わりになることは出来ないよ~!
他人の家族をフォローできるほどのボランティア精神もない!



コロナ禍、家族に会えないことで、とんでもない事がおこっている!
娘や息子の代わりって(-o-;)


もちろん、親の待ち伏せ行為、他人を話し相手に待ち構えてるって、、
そのお宅の息子さん、娘さんは知らない。(-_-;)



なんだか、、ややこしいです。
コロナでややこしい。


でも、上手く切り上げる技が身についてきたように思う(-o-;)
それもなんだかなぁ~




今日もよんでいただいてありがとうございました。


きく.jpg
posted by ぱいんな at 20:00| Comment(0) | 高齢問題で考える事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

クーラーをつけない高齢者

一人暮らしのおばの話。

梅雨明けした関西。
真夏の昼間、、、 
またクーラーがついていない!(-_-#)

最近、、というのではなく、
これはもうずーーっと何年も前から。

いくら、身内の父や母が言っても聞かないのです。
誰が言ってもね(-_-#)


それほど暑くないからとか、
窓をあけているから大丈夫とか、
風が苦手とか、あの風が気持ち悪いとか。

いつも誰かが行っては、しょうがなしにクーラーをつけるという感じ。。。


いつも人が帰ったら消している(-_-#)

あれ、、本当に困る。
若ければまだしも、
いくら元気だからといって、、
もう危険すぎる(*`Д´*)

このところ、高齢者が連日熱中症で救急搬送されているとニュースも。


よく、高齢者は冷房嫌いということが言われていますよね。


理由は、様々らしく
電気代もったいないから。
冷えすぎる、風や音が嫌。
クーラーは体に悪いとか。
昔は扇風機しかなかったから、それでいいとか。
暑い方が、夏らしいとか。
調節が難しいなどからくる、冷房機器の苦手意識。
それと身体的問題、
年齢のため暑さを感じにくくなってきている。

クーラーの選び方で少しは問題解決するかもしれないが、、、
そもそもの昔からの、考え方をかえてもらうのはかな~り難しい。

ニュースで、熱中症の話になっても、他人事?みたいな感じ。
不思議。。。(゚o゚;


これまで、周りが手を変え品をかえしてきたけれど、、
どれだけ色々いってきたにもかかわらず、、、効果なし。
先日は、いっそう頑固っぽくてがっかりした。。゚(゚´Д`゚)゚。


家は風が通るからじっとしていれば涼しいのだろうか。
氷入りのお茶を飲んでいるから?すずしいのだろうか?
汗一つかいていないおば。
本当に体力があるのね?とおもうくらい
(-_-;)いや、、違うね。

まさか!!私が、更年期だからその部屋の暑さがこたえて、耐えられないのか?!
いやいや、、、(-_-;)ちがう。

いずれにせよ、
熱気ある部屋、、、だめよね。

引き続き、
周りが、見守るしかない(>_< )
なに言っても聞かないもんね。。。
といっても、、暑さはまったなしだもんなぁ。


うーーーーーーん(-_-;)

難しいし大変。。。
しんどい。。。



今日も読んでいただいてありがとうございました。


どうしたら.jpg
posted by ぱいんな at 20:00| Comment(0) | 高齢問題で考える事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

高齢者に道端であっても声をかけないほうがいい

高齢者に道端であっても声をかけないほうがいい。と日々思います。

ヒドイって思います??
無視とかじゃなくてね、、悪い意味でもなくて、、

どういう事かといいますと、、

「相手がこちらに気づいていなければ、無理に声をかけないほうがいい。」
ということです。
目の前や、近くまで行ってならいいと思うんです。

どちらも、お互いにきづいていたらいいんですよ。

危険なのが、
距離があるのに、あえて気づかせてまで声をかける、というのが危ないんです。

私が、買い物中にそういう場面を目撃してよく,、、、というか
しょっちゅう~思う事なんですけれど、
高齢者は、急に声をかけられると、
それに集中してしまい、まわりの危険な事例えば車や自転車に注意がいかない!のです。
ましてや、杖をついていたり、シルバーカーをおしていたり、
腰が曲がりがちなので、視線が下向き。
視力もおちている事だし。
持病や薬の副作用などでめまいをおこしやすい。。
危険がいっぱいなんです。


先日、
高齢者の方が、反対の通路を歩いてるお友達らしき人?に声をかけた場面を
目撃したのですけれど、

大声で「○○さぁ~~ん。」て手を振って必死で呼び止めてらした。
すると、、名前を呼ばれたほうの方が、
びっくりしてあたりを見回し、
振り返るときにふらついて転倒されました。

なんと~~あぶなっつ😠💦
大丈夫だっつたみたいだけど。。


また、違う場面では、
おしゃべりに夢中になりすぎて、道路の危ないところで
立ち話しつづけている~ご高齢者さん達。
クラクションならされてやっと気がついてびっくりとか、、💦
ほんと、ひやひやします


私も、母親と買い物にいくのですが、
よく、、というかしょっちゅう声をかけられる母。
習い事の友人や、知り合いなどなど。

母も、呼ばれればうれしくなっちゃって、
ぱーーーっと道路を渡り、その人のところにしゃべりに行ってしまう💨💨💨
危ないから~厳重注意( `ー´)ノ


最近は、注意して歩いてるみたいですけれど、
最近は視力がちょっと悪いので、声をかけられても、
誰だか、見えにくいらしい、、、
見えにくいから、反応が少しおくれて
失礼な事になっていないだろうか、、と心配している母。

まあ、それは気にしなくていいんじゃないの~と私。




買い物中に近所のご高齢の方をお見かけするのですけれど、
向こうはほぼ、、きづいてらっしゃらないご様子。
ま~あ100%お気づきでない。
正面から、目が合えば挨拶はするけれど、
あえてしないようにしている。
急に声をかけると、びっくりするみたいですから。
とっさの数秒の反応が、難しいから。
急に振り向いたりすると、三半規管などにあんまりよろしくないようです。
まして、自転車にのった方なんかは、あぶないあぶない。
ふらついて転倒でもしてしまったら大変だし。


あえて、危険な場面をつくりませんよ~というわけ。
とにかく若い頃には想像もつかないことが
日常の街で日々おこっているわけです。。

日々勉強になります。。。(._.)


今日も読んでいただいてありがとうございました。   ぱいんな


posted by ぱいんな at 20:00| Comment(0) | 高齢問題で考える事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする